BLOG

浜松市北区初生町の気軽に通える美容室、美容院 mouair(ムエール)の齋藤です。

浜松市でスタッフの辞めない美容院、環境作りをめざしています。
全国の方々は

???????????????

“浜松祭り”

??????????💫????

だと思います。

浜松祭りとは?

子どもの誕生を祝う「初凧」の伝統

浜松まつりの特徴のひとつは、「都市まつり」ということ。東京の天下祭りや京都の祇園祭と違って、神社仏閣の祭礼とは関係ない“市民のまつり”なのです。

浜松まつりの始まりは、一説によると今からおよそ450余年前の永禄年間(1558~1569年)に、当時の浜松を治めていた引間城主の長男誕生を祝って城中高く凧を揚げたことが、凧揚げの起源であると言われていますが、記録としては定かではありません。

なお、記録に残っているものとしては、寛政年間(1789~1800年)の記録に凧の記述がみられます。「遠州のからっ風」と呼ばれる強い風が吹くこの地は、気候的にも凧揚げに好条件であり、子どもの誕生を祝う「初凧」の伝統は、浜松まつりとして現在までこの地に根付いています。

江戸から明治へ 初凧・凧合戦もいよいよ本格化

町民自らの手で生まれた浜松まつり。それが、遠州地方が遠州灘から強い風が吹き、凧揚げには絶好の場所だったことと、東西の文化の合流地点だったことで、さらに盛んになっていきます。それを支えたのも、やはり町民でした。

相良・横須賀・袋井など多くの凧がありますが、浜松は特に盛んです。浜松藩には24か町の職人の町があり、伝馬・塩・鍛冶・元魚・田・連尺・大工・紺屋・肴・旅籠・板屋等の町が、後の凧揚げの中心を担う町になったのです。

江戸時代に定着したといわれている凧揚げは、明治に入ってさらに活気を帯びてきます。今では浜松まつりに欠かせない初凧・凧合戦が本格化したのも明治20年頃で、長男が生まれたらその子の成長を願って凧を揚げる初凧の風習は、遠州地方に広がっていきました。

です!w

その為!

浜松市の美容師さん達は!

朝も早くから!(朝5時半からでした)

祭りの髪型を一生懸命やっています!

(毎年です。ww)

本当にご苦労様でした。

そして!!!

“来年も頑張りましょう!w”


ゴールデンウィーク明け

5月

  9日、18日、25日 (12時~17時)


6月

  1日、8日、15日、22日、29日(12時~17時)


静岡県西部美容理容学校の講師の為(齋藤のみ)ご予約が取れなくなっております。

ご迷惑お掛け致します。

尚、mouairは営業しておりますので宜しくお願いいたします。




浜松市北区初生町の気軽に通える 美容室、美容院 mouair(ムエール)です。
〒433―8812
浜松市北区初生町1303―9(金指街道沿い知久屋さん前です。)

・(クリック)→→→料金表
・TEL (クリック)→→→053-525-7865 
・(クリック)→→→24時間インターネット予約とmouairアプリ 

・Twitter始めました。
フォロワァーになって下さい   

(クリック)→→→twitterはコチラ☆
mouair 齋藤でも検索をしてでも見つかります。

\(^o^)/

・LINEでのご予約、ご相談はこちらへ LINE ID  mouair で検索

open 9:00―18:30 close 定休日 毎週月曜日  第3火曜日 駐車場4台あり

この記事を書いた人

齋藤 騎一朗
齋藤 騎一朗
1981年12月27日生まれ 沼津市出身 浜松市美容院を2店舗計11年を経て、2014年3月に美容室mouair(ムエール)をオープン。
柔らかい空間と、柔らかいスタイルを作り、
人と人の繋がりを大切に、多くのお客様に足を運んで頂ける美容院を作っています。また素晴らしいスタッフも育てています。
最新の記事4件

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。